読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロテクトが好評 2017年度 キャッシュ

そのマクロ域も!本来ならば手持ちよりも三脚使用などで撮るべきなのでしょうか!三脚を持参してないケースもあるので!やっぱり手ブレ補正付きは便利です。【その他】持っていて損の無いレンズです商品撮り用に購入(趣味にも・笑)D2Xsでは若干焦点距離が長いですが!D3も出ることですし将来を見越して購入しました。60MMマクロも持っていますが!気軽に接写がしたく!VR付きレンズを購入しました。

コチラです!

2017年03月21日 ランキング上位商品↑

キャッシュ プロテクト プレゼント《新品》 Nikonニコン) AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED[ Lens | 交換レンズ ]【¥10,000-キャッシュバック対象】【KK9N0D18P】【marumi EXUS レンズプロテクト 62mmプレゼント(¥4,280-相当品)】

詳しくはこちら b y 楽 天

【表現力】これは素晴らしいです。春の花撮り用に準備しました。 そして!その解像力は「さすがナノクリ」って感じで!ピクセル等倍で見てみてもシッカリと解像してくれます☆ それと!AFのスピードも手持ちの超音波モーターのキッドレンズと比べて快速に感じます。60mmに比べると高いですが、AF-SやVRの恩恵があると思えばお勧めできるレンズだと思いますよ!タムロンの90mmマクロ(272E)からの買い替えです。結果は?というとデジタルなので!やや長めで!ちょっと使うのに慣れが必要な気がしますが!接写は抜群です。。寄れない状況下ではかなり使えます。マニュアルでピントを合わせれば!だいぶんと近くまで寄れます。シャープでありながら柔らかい表現もできます。今年の桜はこの105マイクロを多用しました。スッスッってピントが合う感じです♪♪ また!手ブレ補正もマクロ域での撮影でも効果は弱くなりながらもある程度効きが実感出来ますし!焦点無制限の域なら問題無く強力なVR2の手ブレ補正が実感出来ます。60mmの方が画角を楽しめるとは思います。【使いやすさ】少し重いですがサイズはそこそこ【機能性】VR付きなので三脚なしでもたいていはOK【携帯性】小さくはないですが、バッグに余裕で入ります。初マクロレンズなんですが!いいですね!解像度もさることながら!VRってこんなにブレが止まるんだと実感しました。自己満足ですが、とても満足いく写真が撮れました。 また、このレンズを買い替える際にシグマから出た手ブレ補正付きの105mmマクロも候補にしましたが、色々と調べてみると意外と手ブレ補正の効きが弱いとか、解像力でも純正105mmマイクロの方が上回るケースが多い等の情報によって、純正の方を買いました。本当は三脚を使うべきなのでしょうが!手持ちで気楽に撮ることが出来ます。60mmのマクロレンズとかなり悩みましたが!虫を撮りたかったのでこちらを選びました。 このレンズで!しいて気になる様な点を言うとするならば… それは!レンズが大きくて重い事でしょうか…。 タムロンの90mmマクロは主にD90との組み合わせでは気に入って使っておりましたが!D800を買い増しして!タムロンの90mmマクロとの組み合わせでは像が柔らかいを通り越して凄く甘く感じでしまい買い替えに至りました。オートファーカスの駆動もかなり早いです。 そして、マニュアルフォーカスの場合でも、ピントリングは程良い幅とトルク感があるので操作は良好です。 けども、鏡筒のしっかりとした作りの質感や描写力などを見れば、それも割り切れる様な感じでありますが(笑) そんな感じですが、ニコンのサイトでも推奨しているナノクリスタルコート採用のレンズって、やっぱり凄い解像力なのですね☆1m以下のマクロ領域でも手振れ補正が効いていると思います。 また、シグマと比べると値段は高く感じますが、D800の純正レンズにて動作する自動歪み補正や相性なども考慮しての純正でした。AF-SによるAFも高速で!手持ちによるマクロ撮影でフレーミングも自在です。60MMマクロと使い分けていきたいと思います。ED 70-180mmを手放すことにしました。